バリフリ情報

  当サイトでは常に正確な情報を提供できるように努めておりますが、
  その内容等について保証をするものではありません。
  お出かけ前の参考に活用していただき、詳細につきましては事前に
  お電話にて直接施設にお問合せください。

諏訪市美術館 【長野県】

Tel:0266-52-1217

1956年、長野県最初の公立美術館としてオープン。全国的に著名な作家並びに郷土作家の近代美術作品を中心に、日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・書という幅広い各分野にわたって約1100点収蔵している。建物は、1943年に建てられた片倉製糸の「懐古館」。静かな時間の流れる館内で、ゆっくりと作品をご鑑賞ください。

インフォメーションInformation

名称 諏訪市美術館 フリガナ スワシビジュツカン 
住所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-14 TEL / FAX 0266-52-1217 / 0266-52-1217
公式サイト http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/ E-mail お問い合せはこちら
営業時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 定休日 ●月曜日、祝日の翌日、年末年始 ●そのほか展示替え休館等
入場料 展覧会によって異なります。詳しくは公式HPをご覧ください。 クレジットカード(可・不可) 不可
クレジットカード種類 車でのアクセス方法 中央自動車道諏訪ICより15分
電車でのアクセス方法 JR中央本線上諏訪駅諏訪湖口より徒歩7分 車・電車以外のアクセス方法
一般用駐車場(有・無) 一般用駐車台数(台) 150台
一般用駐車場料金 無料    
施設情報 駐車場 車椅子用トイレ 出入口はバリアフリー
●2階へ上がる際は、階段昇降機がございます。ご利用を希望される方は、受付までお気軽に申しつけください。
●その他困ったことがありましたら、お気軽に職員に声をお掛け下さい。

新着ニュースNews

2015/07/11

企画展 三村昌三郎・昌弘 金工展―親子合作の美―

諏訪市を代表する金工家・三村昌三郎、昌弘親子。本展では、昌三郎生誕130年、昌弘生誕100年を記念して、三村親子の金工作品を下絵などの資料とともに展示します。メイン展示は、昌三郎が鍛金で成形し、昌弘が彫金装飾を施した親子合作の彫金花瓶。その他、昌三郎が請け負った社寺建築金具の下図やたばこ入れの装飾金具、昌弘による花瓶以外の彫金パネル作品なども展示し、これまで広く知られてこなかった三村親子の仕事をご紹介します。親子であり、同時に師弟であった三村親子にまつわる金工作品の数々をご覧ください。 【会期】 平成27年8月1日(土)~9月27日(日) 【休館日】 月曜日、祝日の翌日 8月3、10、17、24、31日 9月7、14、24日 【イベント】 ●つきいちアート8月 講演会 三村昌暉氏が語る父昌弘、祖父昌三郎 三村昌弘氏の長男であり、昌三郎氏の孫にあたる三村貴金属店店主・三村昌暉氏を迎え、家族しか知らない作家の一面をお話しいただきます。 8月22日(土)午後2時~ 定員なし、申込・入館料不要 ●つきいちアート9月親子ワークショップ 親子でプレゼント!銅板レリーフのしおり 銅板レリーフのしおりを作って親子でプレゼントし合います。 9月12日(土)午後2時~ 定員親子5組 ※9月2日(水)までに申し込み。 参加料 一人200円 ●おはなし鑑賞会 展示されている作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。金工作品には、様々な草花や生き物が表現されています。どんな生き物が隠れているかみんなで探したり、抽象的な形が何を表現しているのか考えたり…他の参加者の意見も聞きながら新たな発見をたくさんしてみましょう。作品の新たな魅力が見えてくる鑑賞会です。 9月6日(日)午後2時~ 定員なし、申込不要 入館料のみ必要 ●学芸員によるギャラリートーク 担当学芸員が展示を解説します。 8月8日(土)午後2時~ 8月28日(金)、29日(土)夜8時~ 9月21日(月・祝)午後2時~ 定員なし、申し込み不要 入館料のみ必要 ●諏訪の長い夜 諏訪湖周辺の美術館をめぐる夜のアートイベント。当館は夜9時まで開館します。今年も和紙染、ライトアップイベントを行います。 8月28(金)、29(土) 午前9時~夜9時 【お問い合せ】 諏訪市美術館 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-14 TEL&FAX:0266-52-1217 E-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/

マップ&アクセスMap&Access